三ヶ島かなの高校は沖学園!中学校と小学校のエピソードは?

三ヶ島かなの高校は沖学園!中学校と小学校のエピソードは? 女子ゴルフ選手
今話題の「着るクーラー」でラウンドも快適に回れます↓
▶▷詳細はコチラから◁◀︎
スポンサーリンク

美人プロゴルファーとして人気な三ヶ島かなの高校が、ゴルフの名門沖学園ではないかと話題になっています。

沖学園といえばゴルフ部が有名で数多くの大会を優勝し、たくさんの有名選手が輩出されていますが、三ヶ島かなもその一人のようですね。

そんな三ヶ島かなの中学校や小学校でのスポーツマンなエピソードなどもあるのでしょうか?

今回は三ヶ島かなの高校だけでなく、中学校や小学校などの学歴について調べてみました。

スポンサーリンク

三ヶ島かなの高校は沖学園!

三ヶ島かなの高校は沖学園ということが話題になっています。

沖学園高等学校は福岡の博多にある私立高校で、中高一貫ですが、三ヶ島かなは高校からこちらに通っていそうです。

沖学園といえばゴルフの強豪校で、ゴルフの全国大会と言われている「緑の甲子園」では上位争いを必ずしていて、男子は2009年、2010年、2012年と優勝常連校、女子も2013年に優勝していました。

ゴルフ部の画像を見るとさすが強豪のようで、部の人数は大所帯、ゴルフコンペをひらけば協賛の企業もついているのだからすごいですよね。

もちろん三ヶ島かなの高校である沖学園はゴルフ選手の卒業生も多く輩出していました。

女子だけでも北田瑠衣に澁澤莉絵留、井上希、原田桂などなど、2020年の国内ツアーでは主要選手で一番多い卒業校が三ヶ島かなの高校である沖学園でした。

その年の沖学園からはシードに福田真未、三ヶ島かな、篠原まりあの3人がいて、QTからは佐伯朱音が出場しているというのだからすごいですよね。

ゴルフだけでもそうそうたる顔ぶれですが、三ヶ島かなの高校は野球や柔道でも強豪校のようで、柔道や野球などのアスリートも卒業生として名を馳せています。

沖学園高校出身スポーツ選手

  • 篠原貴行(プロ野球選手)
  • 福田良(レーシングドライバー)
  • 喜田剛(プロ野球選手)
  • 久保裕也(プロ野球選手)
  • 近藤香(柔道家)
  • 丸山城志郎(柔道家)
スポンサーリンク

三ヶ島かなの中学校の情報は?

三ヶ島かなの中学校の情報はあるのでしょうか?

三ヶ島かなが高校の時通っていた沖学園は中高一貫ですが、この中学には通っていないらしく、須恵町立須恵中学校に通っていたようです。

須惠中学校は福岡県の糟屋郡須惠町というあまり都会ではないところにある学校で、アクセスもあまり良くないという口コミも見られました。

三ヶ島かなの実家は福岡県糟屋郡須惠町で、中学は家の近くのようですが、三ヶ島かなが幼少期から練習場にしていると噂のハミングバードゴルフガーデンは福岡県大野城市にあるので、学校帰りに行くのは大変だったと思います。

須惠中学校からハミングバードゴルフガーデンは車だと30分程度ですが、電車で行く場合だと1時間半と大回りになるところだったようですね。

三ヶ島かな自身は中学からゴルフ部のある沖学園に行きたかったらしいのですが、家があまり裕福ではなかったらしく、中学から私立に行くのは難しかったのかもしれません。

しかし、公立中学へ行っても九州ジュニアゴルフ選手権競技で優勝に輝いたりと、引けを取りませんね。

のちに三ヶ島かなが高校で切磋琢磨する佐伯朱音や篠原まりあとは、こうした九州の大会で顔を合わせていたそうです。

スポンサーリンク

三ヶ島かなの小学校時代のエピソードは?

三ヶ島かなの小学校時代のエピソードはどういうものがあるのでしょうか?

三ヶ島かなの小学校は公表されていないようでしたが、須惠中学校へ入る小学校は須惠第一小学校か須惠第三小学校なので、このどちらかだと思われます。

三ヶ島かなは10歳からゴルフをやっていたそうで、プロゴルファーの中でもこのくらいの年齢から始めている人は多いようですね。

三ヶ島かなは父親のゴルフの練習について行った時にゴルフを始めたそうです。

先ほどの情報にもありましたが、あまり裕福な家ではなかったらしく、ただの習い事としてゴルフをやることはできなくて、やるからにはプロを目指さなくてはならないほどだったんだとか。

三ヶ島かなの母親はプロのゴルファーになるのを反対していたらしく、普通に就職することを望んでいたそうです。

このような環境だったので、三ヶ島かなはとても道具を大切にする選手で、初めて買ってもらったクラブは大切に何年も使って、落ちてるティーは全部拾って使っていたという話もありました。

この道具を大切にするということは、三ヶ島かなのコーチである青木翔コーチも重要視しているところでもあります。

青木翔コーチは道具の手入れ中にプレー時とは違った視点でゴルフを見れると考えていて、その時にいいアイディアが生まれやすいんだそうです。

また、メンタルトレーニング的にも良いと話していました。

「ゴルフは個人競技ということもあり、自分をコントロールすることが求められます。感情をコントロールし、冷静にプレーする。時間をコントロールし、プレーの進行を遅らせない、などなど。道具を大事にするということは、そういったコントロールを身に付けるトレーニングなのです。」

ゴルフダイジェスト

これが自然に三ヶ島かなにはできていたのかもしれないですね。

スポンサーリンク

まとめ

三ヶ島かなの高校や中学校、小学校などを調べてみると、その華やかな容姿とは裏腹に、とても苦労されている三ヶ島かなの学生時代が分かりましたね。

あまり裕福な学生時代ではなかったようで、ゴルフを続けること自体がとても大変だったようですが、それでもゴルフを辞めなかったことが三ヶ島かなの強さに繋がる印象を受けました。

念願のプロになって4年、これからも苦労をものともしない三ヶ島かなの活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました